てんかんは老若男女が発症する病気の一つです。てんかんの原因や症状などは様々あり症状が軽いものや日常生活に支障をきたすほどの症状もあります。当サイトはてんかんについて原因や症状だけでなく治療方法についても幅広く情報発信を行っていきます。

ジェネリック医薬品カルバトールとは

カルバトールは、てんかんのケイレン発作やてんかんの精神運動発作、躁病、三叉神経痛などの治療に用いられているテグレトールのジェネリック医薬品であり、帯状疱疹後神経痛や糖尿病性末梢神経障害などの治療薬としても転用されている治療薬です。
カルバトールは、てんかんによるケイレン発作や精神運動発作の原因となる脳の異常興奮や三叉神経痛の原因となる三叉神経の興奮を緩和する医薬効果があるだけで無く、発症を前もって抑制する予防薬としても用いられています。

てんかんは、興奮性のイオンとされるプラスの電荷を有するナトリウムイオンやカルシウムイオンがマイナスの電荷を有する細胞に透過する事で細胞の電荷がプラスに変化する脱分極が発生し、脱分極した細胞から興奮性のプラスの電荷が神経細胞及び脳細胞に伝わる事によりてんかんが発症するとされています。
カルバトールは、細胞の透過性が最も高いとされるリチウムイオンに次ぐ透過性を有するナトリウムイオンを受け入れるナトリウムイオンチャンネルの働きを阻害する事でナトリウムイオンの透過性も阻害し、細胞の脱分極を抑制する事で神経細胞や脳細胞の異常興奮の発生を減少させる医薬効果があります。

カルバトールは、細胞の脱分極を抑制する医薬効果を有する事や血中濃度半減期が5~26時間と比較的長い事などの有効性から三叉神経痛などの治療に処方されていますが、カルバトールには服用してから数時間で医薬効果を実感出来る即効性は無く、医薬効果の実感は早い人で1週間、体質によっては1カ月近くかかる患者も少なくない特徴があり、即効性が無い原因として薬物代謝酵素が充分に機能していない事から体に馴染ませる必要があります。
その為、服用開始当初はカルバトールの服用量に比べて血中濃度が高くなるケースが多く、血中濃度が9µg/mlを超えると中毒症状の発症リスクが著しく高くなるので服用量は血液検査に基づいて決定する必要がありますが、カルバトールは先発薬テグレトールよりも値段が安く個人輸入や代行輸入による通販でも購入する事が可能です。

カルバトールを通販で買うといくらになるか

カルバトールは、インドの製薬メーカーが製造販売するテグレトールのジェネリック医薬品であり、トレントファーマ社のカルバトールCR300mgが1錠あたり35円から、カルバトールCR400mgが1錠あたり45円からの値段で購入する事が出来ますが、国内の承認を受けている先発薬テグレトールとは異なり、カルバトールは国内未承認のジェネリック医薬品なので個人輸入や輸入代行による通販などで購入する必要があります。
カルバトールは、個人輸入が厳しく規制されている向精神薬の医薬効果を有する医薬品ですが、テグレトールのジェネリック医薬品なので処方箋薬のカテゴリーとなり、カルバトールの用法用量に基づいた1カ月以内の医薬品量であれば個人輸入や代行輸入による通販購入が可能であり、実際にインターネット上にはカルバトールの代行輸入を行っている業者が数多く存在しています。
カルバトールの用法用量は、服用開始直後は1日の服用上限量を200~400mgをとして服用上限量を1~2回に分けて服用しますが、症状によって1日の服用上限量を1,200mgまで増量する事が出来るので1カ月30日分の服用上限量は36,000mgとなり、カルバトールCR300mgは120錠、カルバトール400mgは90錠までの個人輸入や代行輸入が可能とされています。

カルバトールは、医薬品の個人輸入の規制緩和により安い値段で購入し易くなっていますが、即効性が無い事で発症に備えて長期間にわたって服用するので副作用の発症リスクが高いだけで無く、他剤との薬物相互作用により重篤な副作用を引き起こすケースもあるので注意する必要があります。
カルバトールは、特に薬物代謝酵素の働きを促進し医薬効果を過剰に高めてしまう抗真菌薬ポリコナゾールや肺高血圧症治療薬タダラフィルなどの治療薬との併用は禁忌とされ、グレープフルーツジュースやアルコールとの飲み合わせにも注意が必要です。

関連記事