てんかんは老若男女が発症する病気の一つです。てんかんの原因や症状などは様々あり症状が軽いものや日常生活に支障をきたすほどの症状もあります。当サイトはてんかんについて原因や症状だけでなく治療方法についても幅広く情報発信を行っていきます。

抗てんかん薬の種類や分類

現在、臨床の場で一般的に使われている抗てんかん薬は、バルプロ酸ナトリウム、カルバマゼピン、ガバペンチン、トピラマート、ラモトリギン、レベチラセタムがあります。

バルプロ酸ナトリウム
バルプロン酸ナトリウムは、NaチャンネルとCaチャンネルを遮断して興奮を鎮めるタイプに分類される抗てんかん薬です。
強直間代発作や脱力発作では第一選択薬になっています。
部分発作の際も、第一選択薬のカルバマゼピンが無効な場合によく使われていて、幅広く使えるので、抗てんかん薬の第一人者的な存在の薬です。
カルバマゼピン
カルバマゼピンは元々は三叉神経痛の治療薬でしたが、様々なイオンを調節する仕組みは同じなので、今では専らてんかん治療薬として使われています。
部分発作では第一選択薬となっています。
ガバペンチン
ガバペンチンは、カルバマゼピンと併用して使うことの多い抗てんかん薬です。
脳の中にはGABAという興奮を抑える物質があります。
このGAVAを増やしたりGAVAの働きを強めることで、てんかんの症状を抑える薬です。
トピラマート
トピラマートは、部分発作の第二選択薬としてよく使われている薬です。
多彩なメカニズムを持っている抗てんかん薬なので、上手くコントロールできなかったケースにトピラマートを試してみると効果があったというケースが多いです。
付加的新規治療薬として分類されています。
ラモトリギン
ラモトリギンは、うつ病の治療に使われていた薬ですが、様々なタイプのてんかんに使用することができる新しい種類の抗てんかん薬です。
部分発作と強直性発作の第二選択薬として使われています。
ラモトリギンも付加的新規治療薬として分類されています。
レベチタセタム
レベチタセタムは、作用メカニズムが今までとは異なる新しい種類の抗てんかん薬で、海外では売り上げナンバー1の人気者的な存在です。
脳の神経伝達系のシナプス小胞体内の物質と結合する作用があり、神経伝達物質の放出を抑えることで、てんかん発作がおきないようにしています。

このように、てんかんの治療薬は様々な種類がありますが、部分発作の第一選択薬はカルバマゼピン、全般発作や強直間代、脱力発作の第一選択薬はバルプロ酸となっています。
その他、ミオクロニー発作ではクロナゼパムが、欠神発作ではエトスクシミドが使われることもあります。
気をつけたいのは、突発性全般てんかんでは、カルバマゼピンやガバペンチンは使わないということです。

これらの抗てんかん薬で、約7割の患者さんは発作が起こらないようにコントロールができています。

薬以外でのてんかん治療法とは

薬以外の治療法としては、手術があります。
手術には発作を起こす場所が脳の一部であることや、抗てんかん薬を色々と工夫しても発作を上手くコントロールできない、発作が起きるようになって3~4年経つが改善しない等、いくつかの条件があります。
また、長時間ビデオ脳波モニタリングという検査を受ける必要があります。

長時間ビデオ脳波モニタリングは数日間入院して睡眠中も遊んでいる時もずっと、家にいる時と同じように生活してもらって、脳波測定とビデオ撮影を行います。
睡眠中も脳波検査を行うことで異常がキャッチできやすく、発作が起きた時の意識状態の程度もよく判ります。

てんかん焦点切除術という手術を受けた患者さんの58%が発作がなくなっています。
また、選択的海馬扁桃切除術と言う術式で手術を受けた患者さんの70~80%で発作がなくなるとされています。

手術には、メリットもデメリットもあるので、担当医から詳しい説明を受けて、充分に納得したうえで手術を受けることが大切です。

また、難治性のてんかんに対する補助的な治療法として、迷走神経刺激療法もあります。
電気的な刺激を出す器具を体内に埋め込んで、迷走神経を一定の間隔で毎日刺激する方法です。

そして薬以外の治療法というよりは、服薬に加えて行われている治療法ですが、ケトン食療法があります。
炭水化物を減らして、脂質をたくさん摂るという食事です。

ケトンは、脂肪の代謝が多くなると作られる物質ですが、ケトンには脳の異常な興奮を抑える作用があるため、ケトンが増えるようにするのが、この食事療法の大きな目的です。
このケトン食療法を薬物療法と併用することで、約半数の患者さんが発作が減ったという報告があります。

このように、てんかんの治療法はいくつかの選択肢があります。
希望を持って治療を受けることが大切です。

関連記事